ムーンライトながら祭り 2018年 冬季振り返り 一夜目 その二

通常は同一方向でワイド、ズームの二種類の撮影をするのですが、撮影ポイントから横を見ると標準レンズなら編成が入りそうな気がしたので試してみると
イメージ 1
10両編成の「ムーンライトながら」ではカツカツでした。
ちょっとカメラの位置を動かしてみましたが
イメージ 2
さらにカツカツ
ぶっつけ本番はうまく行かないものです。
明るいうちにリハーサルしておくべきですね。

スポンサーサイト



ムーンライトながら祭り 2018年 冬季振り返り 一夜目

上り列車と下り列車の間隔が短いため、下り列車の立ち位置で上り「ムーンライトながら」を
イメージ 1
ヘッドライトの拡散する光を抑えるべくF値を上げてみました。

ちなみにF値を開放すると
イメージ 2
前面がぼんやり。
ISO感度に余裕がある機材でないとできませんね。

ムーンライトながら祭り 2018年 冬季 五夜最終日

昨夜は、「ムーンライト信州」の運転開始日。
四日間の「ムーンライトながら」の撮影の後、中央本線に転戦することにしていましたが、機材車のタイヤがノーマルであったので、寒波襲来中の山間部は危険と判断、引き続き東海道にて撮影を行いました。

三日も富士山ネタで引っ張るのはどうかと思ったのですが、雪をかぶった富士山と満月から欠け始めた明るい月明かり、冬の澄んだ空気。この時期を逃したら、次回はいつになるのかわからないので、今夜もさった峠へ。
今回はさった峠から少し山を登った所で、由比の街と富士山が撮れる場所。
大俯瞰の上、街の灯りで列車の存在感が薄れないかと思っていましたが、
イメージ 1
思った通りでした。 何処に「ムーンライトながら」がいるかわかりますか。

ムーンライトながら祭り 2018 冬季 二夜目

さった峠からの俯瞰は何度か撮っていますが、富士山との抱き合わせは一度もなし。
これが今回の遠征の目的でした。が、前日は富士山が見えず断念。
そして今夜ついに
イメージ 1
撮影に成功しました。
ただし、上りの「ムーンライトながら」はここで貨物列車とスライドするんですよね。
すっかり忘れてました。
おかげで、先頭車がカーブに入ってしまいました。

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR