ムーンライトながら祭り 五夜目

昨夜に続き、今夜も浜名湖で。
太平洋と湖を結ぶ川が何本かあり、今夜は川幅の狭い方で。まずは上り、ながらを。
イメージ 1
この川にかかる鉄橋は上下線個別であり、弁天島側、新居町側、海側、山側といろんな撮影ができます。でも川幅が狭いのでレールカーゴやサンライズが入り切らないのが欠点。
三時間後、下りがやってきます。
イメージ 2
先行する貨物列車に追いつかないよう、ゆっくり通過していきました。
スポンサーサイト



ムーンライトながら祭り 別枠

東海道、夜の主「レールカーゴ」が浜名湖を渡っていきました。
イメージ 1
今夜は漁船と漁師さんがメイン。レールカーゴにはブレていただきます。

そして、最後の寝台特急「サンライズエクスプレス」
イメージ 2
こちらもブレていただきました。
ブレてる方が速度感があっていいでしょう?

ムーンライトながら祭り 四夜目

前回、下り貨物列車に被られた浜名湖へ、リベンジです。
イメージ 1
ムーンライトながら自体が遅れていたので被ることはありませんでしたが、広角側のレンズの選択をミスって失敗。今回も望遠側で。

深夜なのに何処からか漁船が集まってきてました。

上り撮影後、今度は下り列車撮影のため反対側へ。
先ほどの漁船たちの行動が気になります。
望遠レンズで覗いてみたら、ウナギの稚魚を取ってるようです。
下りは漁船たちと絡めることにしました。
イメージ 2
窓から漏れる明かりに、ウナギの稚魚も集まってきたかしら?

ムーンライトながら祭り 二夜目

二日目の夜は、愛知県にある御津山の山頂から上りのながらを撮影

まずは広角気味で
イメージ 1
サンライズと違って窓から漏れる明かりによって列車の周りが明るくなり、列車が小さくても存在感がはっきりわかるのでいいですね。

望遠で列車主体で
イメージ 2
一見、通勤電車と見間違えそうですが優等列車の証である、ヘッドマークが光ってるので185系とわかりますね。

ムーンライトながら祭り

今は亡き急行はまなすの面影を追いかけて約一年が過ぎました。
やっと、新しいターゲットに出会えました。
イメージ 1
寝台特急サンライズでは見ることのできない窓から漏れる明かりは、まるで急行はまなすを思い出させてくれます。

イメージ 2
唸りを上げるモーター音を響かせ深夜の東海道を走り抜けていきました。
「はまなす祭り」改め「ながら祭り」の始まりです。

光の矢

暗闇を引き裂くような光の矢
イメージ 1

ムーンライトながらの時期がやってきました。
イメージ 2

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR