遠征の振り返りその6

天気はいまいちですが、この場所が気に入りました。
イメージ 1
また高松方面から列車がやってきました。
なんか今まで来た列車と雰囲気が違います。
イメージ 2
旅客列車から貨物列車まで短い編成しか走っていないと思っていたら、長大編成の貨物列車がやってきました。

讃岐府中のカーブにさしかかります。
イメージ 3

駅を通過していきます。
イメージ 4

どうやら四国内向けではなく、本州直行の列車のようですね。
イメージ 5
なんか北海道で貨物列車を撮っている頃を思い出しました。
道内の貨物列車は短く、本州行は長大編成でしたね。

気が付くと陽が沈み始めていました。
イメージ 6
空気が澄んでいたら、きれいな夕焼けだったんでしょうね。

イメージ 7
陽が沈むと別世界のようです。


スポンサーサイト



遠征の振り返りその5

神戸からフェリーに乗り高松に戻り、讃岐府中俯瞰に行きました。
イメージ 1

頻繁に列車がやってきます。
イメージ 2

旅客列車だけでなく貨物列車もやってきます。
イメージ 3

カーブに入り讃岐府中駅にかかります。
イメージ 4

讃岐府中駅はホームが短いのですね。
イメージ 5
止まることはありませんが、ホームからはみ出してしまいます。

橋を渡って。
イメージ 6

ハイパワーな機関車に8両の貨車と短い編成。
イメージ 7
何か物足りない。

電車とスライドします。
イメージ 8

どうやらここは動画向きの撮影場所のようですね。
イメージ 9


遠征の振り返りその4

夜明けはまだ遠い。
イメージ 1
高松から大阪へ、これ1枚のためにやってきたのに、夜明けはまだ遠かった。

遠征の振り返りその3

陽が沈み、再び瀬戸大橋の見える展望台へ。
イメージ 1
瀬戸大橋がライトアップされていました。坂出のデルタ線に高松から出発したサンライズ瀬戸が流れ込んできました。

丸亀からの線路を潜ろうとしています。
イメージ 2
瀬戸大橋の袂から光が見えます。何かがやってきます。

瀬戸大橋の主、マリンライナーとサンライズ瀬戸がスライドしました。
イメージ 3

サンライズ瀬戸は瀬戸大橋の中へ消えていき
イメージ 4
マリンライナーはデルタ線に入り高松を目指す。

遠征の振り返りその2

この日はサンライズ瀬戸の延長運転がありました。
一応、撮影場所は前もって調べておきましたが、日の当たり具合まではわからなかった。
イメージ 1
鴨川駅を俯瞰できる場所にて高松に回送されるサンライズを。

トリミングして
イメージ 2

遠征の振り返りその1

最終の新幹線に乗って岡山へ。そこでレンタカーを借りて与島で車中泊。
日の出と同時に四国に渡り、瀬戸大橋の見える青の山へ。
イメージ 1
霞がかかった瀬戸内海を渡り、サンライズ瀬戸がやってきました。

イメージ 2
高松方面と松山方面に分かれるデルタ区間に入ってきます。

イメージ 3
高松方面に向かいます。

夜明け前

遠征最終日ですが、日の出前にさっさと撤収します。
初めての長期遠征で疲れました。
イメージ 1
日の出前ということで、西出雲駅にて車庫から出てきた一番列車を

イメージ 2
明るくなりだした彼方に向い、光の帯を残し発車していきました。

ラストスパート

一晩かけて、四国までやってきました。
イメージ 1
この橋を渡れば終点の高松。今朝のサンライズは遅れてやってきました。

相変わらず、霞んでいて露出が合わせずらい。
イメージ 2
終着高松駅に滑り込んでいきました。

旅立ちの夜

四国の玄関口としての役割は無くなっても、優等列車の始発駅としての役割は今なお健在。
イメージ 1
今夜も東京へ向けサンライズが旅立つ。

イメージ 2
高松の町燈がサンライズをお見送り。

難しい

暗闇迫る山陰路を突き進む、サンライズ出雲
イメージ 1
露出を明るくさせすぎるとノイズが目立つし、ノイズを嫌うと暗くつぶれてしまうし、
設定が難しい。

こちらはバックに大山が写るはずだったので、シャッター速度を落として撮ったもの。
イメージ 2
残念ながら天気が良くなくて、大山見れませんでしたが、個人的にはこのくらいの明るさが欲しかった。
次回のへの課題ですね。

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR