函館山 はまなすまつり

以前、はまなすを函館山から撮影しました。
イメージ 1
7両編成と北斗星に比べ短いので望遠レンズで編成のみを切り抜きました。

終わりが近いせいか最近は増結され貫禄が出てきたので、函館のヌシ、青函連絡船と一緒に撮影撮影しました。
イメージ 2
雪によって、余計なものが消され、ライトの光を反射する冬の撮影は大好きです。
ただし、山頂まで機材を担いで人力で登らなけれなならないのが難点です。
スポンサーサイト



カシオペアまつり?

津軽海峡を渡って北海道に入りました。
本命は「急行はまなす」ですが、こちらの方に力が入ってしまっているようで。

昨日に引き続き、カシオペアの写真を。

昨年、カシオペアを撮りに函館山に登り
イメージ 1
街の明かりを星に例えて、カシオペアの俯瞰写真を撮りました。

今年は構内に雪も残っていたので、交換の儀式をメインで撮りました。
イメージ 2
21時05分、二台のディーゼル機関車に引かれて函館駅に到着。

赤い機関車に付け替えられて
イメージ 3
出発の時を待ちます。

海峡を越える前に

夜明け前の小さな駅で小休憩。
イメージ 1
奥のホームには、新幹線とのすれ違い訓練から戻ってきた赤い機関車が小休憩。

久々に見ました。

週末イルミネーション撮影に行ってきました。
いつもは、相方の機材車に便乗してましたが、今年は仕事の関係で便乗できず
一人鉄道で行くことに。
一足先に現地入りしてると相方より連絡があり、荒天候により到着が遅れるとのこと。
イルミネーション撮影は中止となり一人で宿に向かう途中、とある駅で下車。
休日だし何もいないかと思っていたら
イメージ 1
いました。
原色ではありませんけど、久々に貨物仕様の機関車を見ることができました。
しかし、こういう時に限って、カメラ、三脚は機材車に積んであって、手持ちは
携帯電話とデイバックの中にあったバッテリーがほとんど無い状態のコンデジのみ。
記録程度ではありますが
イメージ 2
空き缶の上にコンデジを乗せて、セルフタイマーを使ってのバルブ撮影。
ピントが合うか心配でしたが、なんとかなりました。
1枚目は、階段の手すりの支柱をつかいました。
この後、バッテリーがなくなり撮影強制終了。

北の方が落ち着いたら、こちらでも撮影してみようかな?




定点観測

DD51に牽引された、急行はまなすが函館に到着。
イメージ 1

構内の傍らで次の走者がお出迎え。
イメージ 2

トップランナーの勤めを終えて寝ぐらへ戻ってきました。
イメージ 3


入れ替えのち自分の休む場所へ、仲間たちがお出迎え。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
停止しました。
イメージ 8
前照灯が消えて

イメージ 9
乗務員が降りてきました。
イメージ 10
次の仕事までお休み。

イメージ 11
ED79に牽引され急行はまなすが函館を出ていくのをそっと見送ってます。

定点観測

前回同様、函館運輸所が見える場所ではまなす観察

倉の中からDD51が出てきました。
イメージ 1


青森から、赤い電気機関車にひかれて
イメージ 2

急行はまなすが函館駅に滑り込んでいきます。
イメージ 3

後を追うようにしてDD51も函館駅に向かいます。
イメージ 4

約40分経過した後
イメージ 5
DD51にひかれて、急行はまなすは札幌へ

大役を果たしたED79が基地へと戻っていく
イメージ 6


いろいろやてみた

雪のレフ板を利用して撮影を試みましたが
イメージ 1
流し撮りなのにシャッター速度高め、明るいレンズなのに絞りすぎて真っ暗・・・・・・・
写真サイズを小さくして失敗が目立たないように。

夜間撮影では好ましくない七三撮りを渡島当別で実行した写真をよそ様のブログで発見。
ちょっと触発されて
水鏡が雪原に変わったこの場所ではまなすを
イメージ 2
高感度撮影時はいつも以上にピント合わせに気を使わなければならないのですが、撮影間近まで撮影ポイントの道が重機による除雪作業中のため近寄れず、除雪作業終了と同時にはまなすが来てしまいました。
写真サイズを小さくして失敗が目立たないように。

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR