夜明け前

イメージ 1

雲ひとつない空が染まり出す頃、貨物列車がやってきた。

スポンサーサイト



想定外

地元では当たり前の事なのでしょうが、
情報を持たない遠征組にとっては驚いてしまいます。
イメージ 1
時刻表にも雑誌のダイヤにも載っていない時間にやってきた
荷物電車。
 
イメージ 2
篠ノ井まで行ってきたのでしょうか、しばらくすると戻ってきました。
パンタグラフが片方下がっていますね。
 
霜取り電車だったのでしょうか?
国鉄時代に廃止になった荷物列車を思い出しました。
 

強化合宿にいってきました。

この夏が最後になるであろう急行「はまなす」の撮影練習をすべく
某所に行ってきました。
イメージ 1
 
朝練をするにはちょっと遅い時間ですが、DRをかける割合を試すには問題なし。
 
イメージ 2
懐かしい、荷物電車がやってきました。
でも、荷物は積んでいません。
 
時間が経つにつれ天気が悪くなってしまいました。
イメージ 3
残り少なくなった、専用貨物列車。
フィルム時代では列車が黒くつぶれるか空が白く飛ぶか
どちらか犠牲になっていましたが、
デジタルのおかげで潰れることも飛ぶことも無くなりました。
が、ちょうどいい塩梅にするのが難しい。 
 
 

闇の中へ

イメージ 1

急行はまなすが発車していきました。

ビーム

イメージ 1

暗い夜道を照らし出せ。

さようなら

今万感の思いを込めて汽笛が鳴る。
イメージ 1
 
さようなら、JR北海道とJR東日本の混結「北斗星」
イメージ 2
独特の窓配置から灯りが漏れる。
 
イメージ 3
食堂車からはJR東日本の編成が始まり
 
イメージ 4
A寝台「ロイヤル」を含むハイグレードカー
イメージ 5
電源車が編成の最後を飾る。
イメージ 6
闇の中へ。

冬の地を行く

イメージ 1

この地域は雪が少なく北海道の雪のイメージが感じられません。

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR