一年を振り返る

イメージ 1

今年も残すところ後少し、今日は今年最後のお休みでやっと年賀状を印刷することができました。
ブロガーさんの中では一年を振り返る記事を載せていますね。
私も便乗して、刷りたてホヤホヤの年賀状で一年を振り返ろうかと。

今年は東京モノレールに新車が入りましたね。東京の新しいシンボルタワーと一緒に。

「最期の夏、北の大地を駆け抜けた緑の矢」トワイライトエクスプレスを。

定期運用を離脱する北斗星を冬の藤城俯瞰で。

そして、念願だった冬の函館山山頂から撮ったはまなす。

以上、4種類を用意しました。

どの年賀状が届くかお楽しみに

皆様よいお年をお迎えください。

スポンサーサイト



キラキラ

イメージ 1
クロスフィルターでイルミネーションを輝かせてみました。

イルミネーション

毎年、グレードアップするモノレール沿線のイルミネーション。
イメージ 1
ロケハンを兼ねての撮影のため、三脚は無し。
イルミネーションが少しブレてますね。
ISO感度は25600、シャッター速度は1/200 絞りはF4 レンズは20mmでした。

このアイテムで、あの場所へ

各地で雪の便りがやってきましたね。
冬の遠征に向けて新しいアイテムやっとを手に入れました。
イメージ 1
誰も踏み込んだことのない場所はスノーシューの方が歩きやすいのですが、
たくさんの人が踏み込み雪上がボコボコで固まった道はスノーシューでは歩きづらいのです。
なので、日本古来からある輪環を購入しました。 
今年はお店の都合で入荷が遅れていましたが、本日入荷したので早速購入してきました。
 
そういえば昨日残念なお知らせがありましたね。
イメージ 2
寝台特急北斗星の定期運用終了のお知らせ。
今回の冬は天候の関係で行けなかった場所があります。
来年は新しいアイテムで、行けなかった場所で、最後の姿をカメラに納めてきたいと思います。
イメージ 3

雑誌に載っていた場所で

2014年7月号の、デジタルカメラマガジンに載っていた撮影ポイントへ。
とある鉄道カメラマンがここでモノレールをα7sで撮影した写真を載せていましたが、
高感度ノイズリダクションをかけすぎたうえに、演出のためにホワイトバランスを弄っていて、α7sの性能がわかりにくい写真になっています。
 
なので、レンズは違えどもISO感度、絞り、シャッター速度を同じにして、高感度ノイズリダクションは切り、ホワイトバランスはオートで撮ってみました。
イメージ 1
 
何も弄らないとこのようになりました。
私的にはこのISO感度でこのくらいのノイズは許容の範囲内だと思いますがどうでしょうかね。
 
最後に自分が最適だと思う設定で撮った写真を、RAW現像してノイズ処理、縮小したものを。ちなみにISO感度は51200です。
イメージ 2
カメラ単体の性能が上がっても、夜間撮影はソフトの力が必要なようです。

習熟訓練中

α7sの売り文句、最高感度ISO409600で撮影。
イメージ 1
ノイズリダクションはオフ。全体的に赤いノイズが発生。
ソフトによる補正がないと使えませんね。
 
ソフトを使って、ノイズを除去。そしてサイズ変更したもの。
イメージ 2
赤い色が少なくなったせいか緑色っぽく感じます。
 
さらにノイズリダクションをかけて、サイズを変更したもの。
イメージ 3
ここまで画像が荒いと違いがわかりませんね。
 
写真を小さくして、ノイズやディテールのにじみを誤魔化してみました。
イメージ 4
 
高感度で撮影した画像は感度が上がるごとに、画像の大きさを小さくしていくと、ある程度見やすくなるような気がします。
 
引き続き場所を変えて練習を繰り返します。
 
 

習熟訓練中

さらに感度を一段上げて ISO感度204800
まずはカメラで撮ったオリジナルjpgを縮小したもの。
イメージ 1
ノイズリダクションは切りの状態です。
 
同じ画像でRAWで取ったものをソフトでノイズを調整したものを縮小した写真
イメージ 2
細かいノイズが少なくなりました。
 
次は縮小する際さらにノイズリダクションをかけて縮小したもの
イメージ 3
ノイズリダクションをかけることでオリジナルサイズではディテールが緩くなりますが、縮小するとかけてもかけなくて、ディテールの緩さはあまり感じません。
ノイズリダクションをかけた分いくらかカラーノイズが減り、見やすく感じると思うのですが、いかがでしょう?
 
 
 

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR