3つ目の目的

イメージ 1

一昨年、他の人が撮った城岱の俯瞰写真を見て綺麗だと感じました。
自分もここで撮りたいと昨年の冬、行きましたが冬の間、車では行けないんですよね。
歩きで突撃を試みましたが、長靴にスノーシューの軽装備では無理で10分も歩かないで撤収しました。
あれから一年、ちゃんとした山登りの装備を購入。
お店の人から機材の使い方を教えてもらいつつ、水泳やジムに通い体力をつけ、1月のリハーサルでは地元のインストラクターから直接指導を受けました。 

そして、今回はロケハンを兼ねて天気の良い昼間にアタックしてきました。

こんな場所、こんな時期に誰も来ないと思っていましたが、
スキーで滑った跡やスノーシューの跡が見られました。

登り続けて1時間、撮影ポイントに到着。
景色を独り占めしてきました。

スポンサーサイト



本当は

イメージ 1

日暮山登山と大沼俯瞰。本当の目的はこの場所から撮る北斗星でした。
しかし残念な事に、北斗星通過時刻あたりは天気が悪く滞在中に納める事が出来ませんでした。
来年は撮れると良いですね。

ズームイン

イメージ 1

画素数が多いので、これくらいトリミングしても
まだいけますね。

函館に向かった臨時の北斗が折り返してきました。

大沼公園

イメージ 1

スーパー北斗が通り抜けていく

2度目の日暮山

イメージ 1

スノーシューを履いての日暮山登山。山道ではなく雑木林を抜けるショートカットをした結果、
下山時、方向を見失いプチ遭難し再度山頂を目指すアクシデントがあり、
2回目は正当の山道を登りました。山道は人の通行が多く、スノーシュー無しでも登れましたが、
駐車場以降山頂まではスノーシューが必要でした。

カメラをセットすると、臨時の北斗がやってきました。

保護色?

イメージ 1

白い車体で、一両編成だと遠い場所から気が付きにくいですね。

縦撮り

イメージ 1

続いてスーパー北斗がやってきました。

山頂へ

イメージ 1

日暮山の駐車場から山頂に移動しました。
この日は、晴れ→曇り→雪→曇りと分刻みで天気が変わる状態でしたが、
山頂に移動する頃には天気が回復し出しました。

真っ白に凍結した大沼の先に噴火湾を見る事が出来、
ちょうどその時、赤熊が牽く貨物列車が通過しました。

ロケハン

イメージ 1

この日は、登山がメインでしたので、撮影の方はお手軽に。
手前の木の枝が入ってしまいました。

二つ目の目的

イメージ 1

この冬の遠征のもうひとつの目的であった、大沼公園の日暮山登山を行いました。
小沼の湖畔に沿ってスーパー北斗が行く。

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR