はまなすまつり これにて終了。

今朝の札幌到着にて、急行はまなすの運行が終了しましたね。
機関車の重連はサービスなのでしょうか?

私は残念ながら撮影はできませんでしたけど。

さて先日の最後の遠征の最終日。
どこで撮影をするか悩みましたが、四日間予想以上の寒の中、窮屈な車内での仮眠昼と夜の逆転した生活を送っていたせいか、すっかり体が弱ってしまい、
函館駅のホーム端でお手軽撮影。
イメージ 1
機関車は結構ここで撮りましたが、客車は初めてかな?
客車側に露出を合わせるとどうしてもテールサインが白飛びしてしまうので、
イメージ 2
テールサインに露出を合わせてみたら客車が真っ暗・・・・・
超望遠で正面だけ切り取ればよかった。
荷物が重いといって500mmレンズを持ってこなかったことに後悔。

イメージ 3
黄色と赤い光を残しはまなす発車していきました。
こんな変な写真がはまなすを撮った最後の写真となりました。

七年間、撮影の被写体になって楽しませてもらった「急行はまなす」に
ありがとう。

スポンサーサイト



本当に最期 はまなすまつり開催三日目

ついに最期の日が来てしまいました。
DD51、ED79とも重連運転とサプライズ?満載ですね。
でも天気がいまいちだとか・・・・・

ブログの話は少しさかのぼって15日のこと。
以前下りのはまなすは木古内で上り最終列車待ちのため運転停車していました。
青森出発時刻変更で、泉沢で上り最終列車と交換することになり、木古内停車がなくなったものだと思っていました。
しかし、木古内の高架線で流し撮りをして、機材をかたずけて、のんびり函館に向かう途中、何度も札苅辺りではまなすに追いついてしまうのです。
もしかして、まだ木古内に停まってるのかな?
確認しに行ってみると
イメージ 1
駅の端の踏切から、超望遠で覗いてみるとやはり停まっていました。

数分の停車の後
イメージ 2
静かに発車していきました。

最期の航海へ

カシオペアに続いて、急行はまなすも青森に向け最後の航海に旅立ちましたね。
北海道内は夜間のため撮影が困難なのですが、きっと撮影の皆様は頑張っておられるのでしょうね。
イメージ 1
今夜は月夜なので、この写真より明るく撮れているのでしょうね。

私も最期ぐらい見送ってあげたかったのですが、残念ながら明日はお仕事。
イメージ 2
函館山の山頂から見送ってあげたかった。

本当に最期 はまなす祭り開催 2日目

青森側の急行はまなすの有名撮影地といえば、西田沢、蟹田、中小国の3か所。
青森側での撮影チャンスはたった2回。
どこで撮影するか悩むところでしょうが、西田沢はいろんな意味で場所が荒れているのでパス。
蟹田と中小国の2か所に絞りました。
前回の蟹田での撮影は日の出前、
イメージ 1
今回は日の出直後になるのでいい感じになるかと期待していましたが
イメージ 2
雪も溶け残念な状態でした。
中小国は雪がまだ残っていますが、日の出前で天気が悪ければ明るさが稼げず撃沈する可能性あり。

どちらにするか❓悩みに悩んでいたところ、雪の残ってる中小国にかけてみました。
その結果は
イメージ 3
少し雲がありましたが、地上の雪も空も、同じ色に染まった世界を、急行はまなすが走り抜けていきました。
その世界を広角レンズでいっぱいに収めることができました。

この雪が溶け、田んぼに水が入る頃は、はまなすの姿はないのですね。

闇の中で、はまなす、カシオペアまつり

津軽海峡を渡り青森へ。
いつもお世話になってる北海道の案内人様が、はまなすに乗ってるということなので闇の中で、撮影に挑戦。
イメージ 1
前照灯と客室の明かりしか写っていませんが、はまなすが通過していきました。
乗車中の案内人様が私に気が付いたらしくライトで合図おくってくれましたよ。

しばらくすると、反対側から上野行のカシオペアがやってきました。
イメージ 2
ロビーカーや食堂車の独特な窓がないと何の列車だかわかりませんね。

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR