さようなら

今万感の思いを込めて汽笛が鳴る。
イメージ 1
 
さようなら、JR北海道とJR東日本の混結「北斗星」
イメージ 2
独特の窓配置から灯りが漏れる。
 
イメージ 3
食堂車からはJR東日本の編成が始まり
 
イメージ 4
A寝台「ロイヤル」を含むハイグレードカー
イメージ 5
電源車が編成の最後を飾る。
イメージ 6
闇の中へ。
スポンサーサイト



朝の函館駅

北斗星の機関車交換作業の傍ら、普通列車が函館駅を発車。
イメージ 1
 
機関車交換が終わり、ここまで牽引してきた電気機関車にテールライトがつくころ、
次の列車が駅に到着。
イメージ 2
 
内地に向け特急が発車
イメージ 3
札幌に向け北斗星が発車。
イメージ 4
役目を終えた青函連絡船と赤い機関車がお見送り。
イメージ 5

函館山から 7

青い機関車から赤い機関車への交換が終わり、出発の時を待つ
イメージ 1
 
北海道と本州を結ぶ役目を終えた、連絡船が北斗星をお見送り
イメージ 2
 
 
北斗星が出発し、はまなすまで残ることも考えましたが、はまなすは去年撮影している http://blogs.yahoo.co.jp/jiunan55/25304857.html のと、次の目的があるので、下山することに。
撮影が終わり、機材を担いで真っ暗な山道を下山。
40分ぐらいで登山道路入り口の駐車場に到着しました。

函館山から6

イメージ 1

函館駅に到着した北斗星。ここで機関車の交換が行われる。
編成の前後で機関車のヘッドライトが光の帯を作る。

地上の星

イメージ 1

北の大地に輝く星たち。この中に北斗星も。

プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR