買ってしまいました。

先日α99を処分したら購入時の三分の一の値段で買い取ってくれた。
想っていた以上の値段で買い取ってくれたので、そのお金に追加して

買ってしまった・・・・・・
イメージ 1
新しいカメラを・・・・・

結局、防湿庫に空きは出来ないのですね・・・・・・

夜間撮影時、α7S一台では心細いので
イメージ 2
サブ機としてもう一台購入しました。 

α99を二台運用していたとき、識別用に使っていたキャップを
イメージ 3

移植して、レンズを付けてセットアップ。
イメージ 4

APS-C機同様、いちいちレンズを交換しなくても済むようになりました。
イメージ 5
夜中はα7sで
日の出から日没までは
イメージ 7
APS-Cのα6500、α6300と使い分けていこうと思っています。

早く撮影に行きたいですね。
イメージ 6


   
スポンサーサイト



もう、いいわ

久々に防湿庫を開けた。
イメージ 1
Aマウントのα99を久々にいじった。

重かった。

何時か使うと思って残してあるんですけど、

それって何時?

Eマウントより性能の劣った機種を使う時って?

それまで、防湿庫を占拠し続けるの?

もう、いいか

処分しよう。

オーバーホール

先月、135mm単焦点レンズの筒の中でベアリングらしきものが「チャリンチャリン」と鳴り出したので修理に出しました。
 工場の方で分解調査をしたようですが、原因がわからずレンズ自体に影響がないので「とりあえず問題なし」ということで返ってきました。
 本当に大丈夫なのかと心配でサービスセンターで開封、製品をチェックしたところ直っていました。
どうやら分解、組み立てをしたときに元に戻ってしまったようです。 
料金の方ですが、調査のために分解し、組みたてただけなので無料でした。
修理となると料金がかかるそうです。
イメージ 1
他のユーザーさんで私と同じ体験した人いませんかね~

再編

今週はカシオペア撮影に北海道へ行きませんでした。
とある事情で。

年末、α57の後継機として購入したα6300。使用開始してまもなく三ヶ月になりますが、予想外の事態に驚いておいます。
「小さいカメラ=機能、性能が簡略されている」ものと今まで思っていましたがα57以上の機能と性能は、メインで使ってるα99を越えていることに気が付いてしまいました。(あくまでも個人的感想)
 先週の遠征ではメインのα99が、「重いから」という一言の理由で一度も使われない事態に。

そんな事もあって、使用する機材を再編することになりました。
まずは、
イメージ 1
我が家の主力機α99の一機を処分することにしました。買ってまだ四年しか使っていないのにこんなに早く引退することになろうとは。
デジカメの進歩の早さには驚かされます。

α99を下取りにして
イメージ 2
いつもの黒い紙袋がやってきました。

中身は
イメージ 3
Eマウントのミラーレスカメラ。

イメージ 4
イメージ 5
当初、運用のしやすさから同形式α63000の二台体制にするつもりでしたが、最近は手持ちによる撮影、手ぶれ補正機能のないAマウントレンズ使用のことも考えて最新機α6500にしました。


イメージ 6
EマウントAPS-C機が二台になり、ダブルズームレンズをいちいち付け替える必要が無くなりました。

イメージ 7
今までは正機、副機にα99、補助機にα57 夜間にα7Sと使い分けてきました。
が、今後は正機α6500 副機α6300、間および補助α7Sとし、Aマウントのα57、α99は予備機扱いとなります。
機材の軽量化で、更に歩行での行動範囲が拡がりそうです。

機動兵器

遠征に行くときのカメラのボディの数を減らしたい。
機材を小型化出来れば移動が楽になるのに。
コンデジのように手軽に持ち歩きたい。
コンデジ以上の画像をたのしみたい。
などと考えていました。

そんなわけで、以前からミラーレスカメラに注目していました。
しかし、性能は一眼デジに今一歩。
でも、1~2年の間に性能が一眼デジに迫まり、ついに私が今持ってる一眼デジの性能を越えてしまいました。

そんなわけで、α99と機能に大きな差がある一眼デジα57の差し替えとしてミラーレスカメラを購入しました。
イメージ 1
今月、後継機のα6500が発売されましたが自分の撮影スタイルに手ぶれ補正はいらないし、サブマシンα57の差し替えなので一ランク下のモデルにしました。

夜行列車など厳しい条件で撮影するためズームレンズではなく短焦点レンズを使っていましたが、夜行列車廃止や、カメラ本体の性能アップにより短焦点レンズを使う機会が減りました。
ズームレンズを使えば遠征時の荷物を減らす事が出来るので、今回Eマウントレンズも購入しました。
イメージ 2


イメージ 3
箱から出して見ました。
イメージ 4
レンズを装着。

大きさを比較するため70-200mmのレンズを付けたα99を並べてみました。
イメージ 5
Aマウント機に比べ3割ほど小さくなりました。
これなら、コンデジ代わりに通勤バックに入れて持ち歩けそうですね。

イメージ 6
そんなわけで、早速、今朝の通勤時にプチ撮影をしました。
カメラ本体のボタン、ダイヤルの配置がα7S、α99に似ており戸惑うことなく、すんなり使いこなせました。

帰宅後、注文していたもう一本のEマウントレンズが届きました。
イメージ 7
24-70mmと70-200mmのレンズの二本体制になりました。
これさえあれば最低限カバーできますね。
足りない分はAマウントの17-35mmと300mm、500mmにアダプターを使って行こうかと思います。
これで、遠征時に持ち出すレンズが11本から半分の5本になり、荷物が軽くなります。

年明けの遠征が楽しみです。









プロフィール

iso

Author:iso
Yahoo!ブログより引っ越してまいりました。
開設から10年、名前を変えて再出発いたします。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR